Contents Menu

令和4年度4月期 機械科学技術国際共同大学院プログラム 学生募集要項

1. プログラムの募集人員

機械科学技術国際共同大学院プログラム(以下 GP-Mech または本プログラムとする)において令和4年度4月期は10名程度の大学院生を募集します。

2. 出願資格

  1. 令和4年4月1日時点で、下記の研究科の博士課程前期2年の課程の1年次、2年次、および博士課程後期3年の課程の1年次在籍予定の者。
    工学研究科
    情報科学研究科
    医工学研究科
    環境科学研究科
  2. 機械科学技術、特にシステム・インテグレーションに関する分野において、国際共同指導による博士研究を行うことを希望し、指導教員の推薦があり、本プログラムに所属することが相応しいと判断される者。
  • 本プログラムは博士課程前期2年の課程から後期3年の課程につながる一貫教育を原則としているので、博士課程後期3年の課程への進学を希望しない者は本プログラムに申請することはできない。
  • 出願時点で、既に博士課程後期3年の課程に在籍中の者は本プログラムに申請することはできない。
  • 本プログラムの他に、複数の学位プログラムへ重複して応募することも可能。ただし、複数のプログラムに合格し、重複履修を希望する場合は、その可否について個別に検討するものとする。

3. 出願手続

出願期間および出願方法は以下の通りである。

  • 出願期間: 令和4年1月31日(月) ~ 2月16日(水) 9時 ~ 17時
  • 出願方法: 機械・知能系教務担当窓口へ持参、郵送、または電子メールにて提出
  • 受付場所(窓口に持参する場合): 東北大学大学院工学研究科 機械系事務室(青葉山キャンパスマップ A02)
    ただし、土曜・日曜・祝日は除く。
  • 郵送の場合は、2月16日(水) 必着とする。封筒には「機械科学技術国際共同大学院プログラム出願書類在中」と朱書きし、機械系事務室(住所は下記参照)に書留もしくは簡易書留で郵送すること。
  • 電子メールの場合は、受入予定教員による推薦書(厳封)のみ別途提出すること。指導教員または研究室職員による持参も認めます。
    E- mail: gp-mech (at) grp.tohoku.ac.jp

4. 出願書類

次の出願書類一式を受付期間内に提出すること。

  • 提出する証明書が英語以外の外国語の場合は、和訳または英訳を添付すること。(出願者本人による翻訳可)
  • 原本の郵送が困難な場合、電子ファイルでの提出を認める場合がありますので、ご相談ください。
  • 不備のある出願書類は受理しない。
  • 出願書類は一切,返却しない。
  • TOEFL®Test、TOEFL iBT®Test、TOEFL ITP®Test 及び TOEIC® はエデュケーショナル テスティング サー ビス(ETS)の登録商標です。なお、このウェブサイトはETSの検討を受け、またはその承認を得たものではありません。

5. 選抜方法

出願書類の審査及び面接試験により選抜する。

  • 面接試験: 令和4年2月21日(月) ~ 3月4日(金) に行う。
  • 詳細は個別に出願者へ連絡する。

6. 選抜基準

以下のページを参照してください。

選抜基準

7. 合格発表

合格者の発表は、令和4年3月17日(木)までに本人宛に電子メールにて通知予定。

8. 経済的サポート

国内外の優秀な学生を獲得し、主体的に独創的な研究を計画・実践させ、国際的に活躍する博士人材を養成するため、選抜されたプログラム生に対してRA給与や海外研修経費などの経済的サポートを行う。支給金額については、東北大学国際共同学位取得支援制度に基づき決定する。ただし、RA支給は博士課程前期2年の課程の2年次以降の者のみとする。他の経済的支援を受けている場合は相談すること。
[重要] プログラム採択者は、原則として、日本学術振興会特別研究員(DC)へ申請することとする。

9. 修了要件

本プログラムの修了には、所属研究科の修了要件に加えて、別途定める修了要件を満たす必要があります。履修カリキュラムおよび修了要件についてはそれぞれ以下のページを参照してください。

履修カリキュラム
修了要件

10. 郵送先・問い合わせ先:

〒980-8579
仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-01
東北大学大学院工学研究科 機械系事務室
TEL: 022-795-7030
E- mail: gp-mech (at) grp.tohoku.ac.jp