Contents Menu

授業科目、単位数及び履修方法

(1) 博士前期課程

科目群 授業科目 単位と履修方法 備考
必修 選択必修 選択
専門基盤科目 Thermal Science and Engineering A 2 左記専門基盤科目(英語開講)のうちから4単位以上選択履修すること。

※左表に無い授業科目であっても、英語で開講され、かつ修士研修に関連深い博士前期課程科目については、履修要件と認められる場合がある。

Thermal Science and Engineering B 2
Numerical Analysis 2
Fluid Dynamics 2
Solid Mechanics 2
System Control Engineering I 2
System Control Engineering II 2
Materials Chemistry 2
Computer Hardware Fundamentals 2
Solid State Physics 2
Mechanics of Plasticity 2
Structures and Function of Living Systems 2
Robot Vision 2
Structural Mechanics 2
Applied Fluid Mechanics 2
Digital Signal Processing 2
Introduction to Mechanics and Physical Mathematics 2
Continuum Mechanics 2
専門科目 Micro Electro Mechanical Systems 2 左記専門科目(英語開講)のうちから4単位以上選択履修すること。

※左表に無い授業科目であっても、英語で開講され、かつ修士研修に関連深い博士前期課程科目については、履修要件と認められる場合がある。

Robot Systems Engineering 2
Foundations of Molecular Robotics 2
Intelligent Mechanosystem Analysis 2
Human-Robot Informatics 2
Introduction to Solid State Ionics 2
Fluid Design Informatics 2
Neuro Robotics 2
Intelligent Control Systems 2
Functional Fluids Engineering 2
Aerospace Propulsion 2
Computational Fluid Dynamics 2
Aerospace Fluid Dynamics 2
Robotics for Space Exploration 2
Spacecraft Engineering 2
Mathematical Modeling and Computation 2
Applied Mathematical Fluid Dynamics 2
High Performance Computing 2
Fluid Design Informatics 2
Computer Architecture 2
Special Lecture in cooperation with JAXA 2
国際科目(修士) Academic Writing Skills I 2 左記国際科目のうちから6単位以上選択履修すること。
Presentation and Discussion I 2
System Integration Hands-On 2
Special Lecture Series on System Integration I 2
Special Lecture Series on System Integration II 2
Special Lecture Series on System Integration III 2
International Internship Training 2
修士研修 System Integration Seminar 2 左記修士研修科目は、在籍する研究科専攻に応じて、別に指定する工学研究科、情報科学研究科、環境科学研究科、医工学研究科各専攻の授業科目(分野横断セミナー、修士研修)を英語にて修得することにより読み替えるものとする。
Master’s Course Seminar 8

(2) 博士後期課程

科目群 授業科目 単位と履修方法 備考
必修 選択必修 選択
学際基盤科目 Management of Research and Development 2 左記学際基盤科目(英語開講)のうちから2単位以上選択履修すること。

※左表に無い授業科目であっても、英語で開講され、かつ博士研修に関連深い博士後期課程科目については、履修要件と認められる場合がある。

Advanced Robotics 2
Intelligent Mechanosystem Engineering 2
Advanced Aero Systems I 2
Advanced Aero Systems II 2
Advanced Space Systems I 2
Advanced Space Systems II 2
Advanced Space Fluid Dynamics 2
国際科目(博士) Academic Writing Skills II 2 左記国際科目のうちから4単位以上選択履修すること。
Presentation and Discussion II 2
Advanced Lecture Series on System Integration I 2
Advanced Lecture Series on System Integration II 2
Advanced Lecture Series on System Integration III 2
博士研修 Doctor Course Seminar 8 博士研修は、在籍する研究科専攻に応じて、別に指定する工学研究科、情報科学研究科、環境科学研究科、医工学研究科各専攻の授業科目を英語にて修得することにより読み替えるものとする。
左記博士研修には、International long Term Study(海外博士研究6~12カ月)を含む。

上記の表に定められた授業科目の単位は、申請により在籍する専攻の修了要件単位として認められることがある。

修了要件

(1) 修士2年次への進級要件
① 修士研修科目の一つであるSystem Integration Seminarを修得すること。
② 本プログラムが実施する研究基礎能力審査(Qualifying Examination 1: QE1)に合格すること。
(2) 博士後期課程への進級要件
① 専門基盤科目から4単位以上、専門科目から4単位以上修得すること。
② 国際科目(修士)より6単位以上修得すること。
③ 博士前期課程における取得単位の過半数が英語開講科目であること。
④ 修士研修の単位を修得すること。
⑤ 本プログラムが実施する博士基礎能力審査(Qualifying Examination 2: QE2)に合格すること。
(3) 修了要件
① 学際基盤科目から2単位以上修得すること。
② 国際科目(博士)より4単位以上修得すること。
③ 博士後期課程における取得単位の2/3以上が英語開講科目であること。
④ 博士研修の単位を修得すること。
⑤ 本プログラムが実施する総合審査(Qualifying Examination 3: QE3)に合格すること。
⑥ 必要な研究指導を受けた上、博士論文を提出し学位プログラム推進機構国際共同大学院プログラム部門が実施する国際共同大学院プログラム学位審査および最終試験に合格すること。